体の疲れを無くす敷布団を選ぼう【快適な睡眠環境を作る】

冷えない身体にするために

女の人

体温を上げる活動を積極的にすることを温活と呼びますが、最近冷え性や不妊などに悩む女性たちから熱い視線が注がれてブームとなっています。体温を上げることで美容や健康効果が得られるため、関連する情報や商品なども登場しています。

読んでみよう

正しく使用して健康に

手

物体を暖める働きのある赤外線ですが、その中でも奥までその効果が浸透する遠赤外線は血行を促進する効果もあるとして健康にも良いとされています。健康にも良いということで様々な場所で使用されている遠赤外線ですが、扱い方を間違えると体の深部まで火傷してしまうこともあるので注意が必要です。

読んでみよう

冷えやむくみを解消

足

足の裏は老廃物が溜まりやすい部分です。老廃物が溜まると冷え症になったり足がむくみやすくなります。足裏シートは老廃物を取り除いてくれるので、冷えやむくみを改善できます。老廃物が溜まっている人はシートがべたつくので、はがす時にウェットティッシュなどを用意しておいた方が良いでしょう。

読んでみよう

睡眠の質が違う

睡眠

体に合う硬さを見つける

人間は一生の多くの時間を布団の上で過ごします。睡眠の質が高いことは、健康にとって重要な要素になるため、敷布団選びはこだわりたいものです。敷布団が体に合っていない硬さであると、腰痛や肩こりなどを引き起こしやすく、十分に体を休めることが出来ないのです。このため、敷布団は自身にあうアイテムを探すことをおすすめします。最近では低反発素材などを利用した敷布団も登場しているため、比較的体にフィットしやすいものが多くなってきました。また、敷布団は長期的に使用をしていると、中の綿やウレタンなどが痩せてしまうため、定期的に新しいものに交換する必要があります。硬く綿が痩せた布団を利用をし続けると、健康への被害もでてくる可能があります。

店頭で試してみましょう

最近では寝具売り場や専門店で、実際に敷布団を試すことができるお店が増えてきました。初めて購入するメーカーの敷布団の場合には、店頭で実際に寝てみて感触を確かめてみるとよいでしょう。こうすることで、自身の体に合っているものなのかや、腰痛になりにくいかなどが良くわかるのです。何時間もの間、体を預けるアイテムであるため慎重に探すことが大切です。また、敷布団と枕との相性もとても大切であるため、購入に迷ったら、布団の知識が豊富なスタッフに相談をしてみるとよいでしょう。質のよい眠りは布団や枕に委ねられているため、納得がいくまで探すことをおすすめします。また、通販などで購入する場合には口コミなどを参考に探す事をおすすめします。